知ってるとハッピーになれる世界のおしゃれな自転車アパレルブランド【ポップ系】


こんにちは。今日はGCNでジロ・デ・イタリアを観戦しながら書いてます。なんかブランクが長かったせいか、ブログ書きながらレースの流れを追うことができず、書くので精一杯。気がついたら、イスラエル・スタートアップネイションのドーセットが逃げ切り勝利。チームにとってもグランツール初勝利だとか。チームもドーセットもおめ。

なんかジロはロペスにトーマスにイェーツとどんどん役者がいなくなって寂しい限りですが、今日みたいにほっこりする勝利やコースサイドの美しい景色を見ているとグランツールっていいなぁと思う。でも、ブエルタとジロが重なる期間はどっち見たらいいの?

さてさて、本題です。ちょっと前に随時更新していた自転車アパレルブランドの記事が完成したら、ブランド数がすごいことになったので、カテゴリーごとにまとめることにしました。

今回はポッピンポップ系。ライドが楽しくなるようなブランドばかりです。
では、はじまり、はじまり。




知ってるとハッピーになれるポップ系ブランドはこちら!

Twin Six

毎年ポップなデザインで楽しませてくれるアメリカはミネアポリスのブランド。僕のお気に入りはMETAL TEAMやAnti TEAMシリーズ。ジャージ、ビブショーツはもちろんキャップにドリンクボトルまでセットで揃えることもできちゃう。ちなみに僕の普段使いはここのMETAL TEAMジャージ。Tシャツもイケてるから、いつも狙ってます。ジャージは関西だったら、RIDE WORKSに結構置いてるよ。TシャツはBLUE LUGに置いてあるかな。

Twin Six


Morvélo

”More Velo"(もっと自転車に乗ろう!)ってネーミングが素敵なイギリスのブランド。デザインも豊富で価格もリーズナブル。ただここ数年、少しデザインの質が落ちてる感じがする。数年前はもっとカッコ良かったんだけどね。この前、アンケートが届いたので、デザインのことはお伝えしてみた。日本語公式サイトもあるけど、WiggleやCRCでも取扱いがあるので、セールで安くなってる方で買うのがオススメです。
デザインがちょっとって書いたけど、実は値段の割に機能面でもここの製品は優れてる。僕も冬はここのThermoactive Jerseyを愛用しています。都市部の冬ならこれとインナーで十分やり過ごせる。あとパッカブルのウインドジャケットも優秀。

Morvélo


Look mum no hands!

「ママ見て!両手離しだよ」という名のロンドンのサイクルカフェのオリジナルブランド。もうネーミングだけでヤラれてしまった感があるけど、サイクルアパレルやTシャツなどのデザインも洗練されていて好き。キャップやTシャツはいつも欲しいと思ってる。

Look mum no hands!


TEAM DREAM

ポップで可愛いジャージが欲しいなら、チームドリーム一択。特にオシャレにロードバイクに乗りたい女子はRaphaよりこっちに注目!全身キラキラコーデでみんなの視線を集めること間違いなし。Tシャツなどのサイクルアパレル以外もイケイケです。BLUE LUGには結構たくさん置いてあります。ただ、公式サイトでも大人気ですぐ売り切れちゃうから気に入ったら即買いでよろしく。

Team Dream Bicycling Team


Tenet Supply

近代アートを彷彿とさせる抽象的でポップなデザインのオーストラリアのブランド。オシャレすぎて40オヤジには難易度高すぎ…それにしてもオーストラリアっていろんなブランドがあるよね。オシャレなのもポップなのもカッコいいのも全方位的にカバーしてる。リスペクトだね。

Tenet Supply


IRIS

オランダの元女子自転車選手だったIris Sleppendelさんのブランド。色使いやデザインがほんと秀逸。以前はメンズもあったけど、今はレディースに特化してる。もし性転換したら、僕は絶対ここのジャージにするよ。Irisさんは日本にもちょくちょく来てるようで、高知の風景にインスパイアされたジャージなんかもデザインしてます。あれのメンズが欲しかったんだよね。
Irisさんは前回か前々回のサイクルモードライド大阪に来てて、実はRidleyブースでニアミス。「いつもサイト見てます!」って挨拶しようとしたけど、緊張してできなかった…とても可愛い人でした。


PARLÉ

ここはポーランドのブランドなんだけど、意図しているのかどうなのかデザインに和風なテイストが盛り込まれてる感じがするんだよね。青海波文様をあしらったものとか、孔雀柄のものとか、こういった和柄がサイクルジャージに落とし込まれるとなんだか新鮮。価格もリーズナブルだし、機会があれば、トライしたい系。

PARLÉ


 ATOUT

こちらもポーランドのブランド。なに?ポーランドって、そんなにサイクリングが盛んなの?そして、結構イケてるブランドあるよね。ここのはめちゃくちゃポップという感じでもないけど、色使いが少し他とは違う感じ。写真のBASE Jerseyのストライプなんてありそうでないよね。そして、ポーランドブランドはもれなくリーズナブル。

ATOUT


Glorious cc

誰?このファンキーなオッサン?って思うよね。彼はGLORIOUS B**STARDという名前のインスタグラマーで、僕も詳しいことはわかんないけど、”No Cake No Glory”を合言葉にGlorious CCっていうライダーグループで活動してるみたい。このチームジャージが毎回激シブなんだよね。いろんなメタルバンドのアルファベットで綴ったロゴやヴィトンをモチーフにしたモノグラムなど、ほんとセンスがいい。バイクやシューズなんかもめちゃカッコよくカスタマイズしてて、見ててジェラシーしか湧かない。ただ、どうやって買えるのかは未だにわかんない…


Endo Customs

最後は僕の最近のお気に入りエンドーカスタムズ。もしかして、遠藤さんなの?とも思ったんだけど、公式サイトの情報ではわからず、詳細は不明。ここのデザインはほんとエッジが効いてて最高にカッコいい。出すもの出すもの全部怖いぐらいにイケてる。そして、イケてるからすぐ売り切れる。いつか狙い撃ちで買ってみたいブランドの1つ。


ポップ系ブランドのおすすめは…

カッコいい系ほどではないもののポップ系も中々の激戦区。順当に行けば、TWIN SIX、Morvéloあたりが無難な選択だけど、現在愛用中なので、今回はビバンダム風のファンキーなキャラが素敵なTEAM DREAMを推してみたい。

下のインスタ見てもらったらわかるけど、ここの世界観大好き。もうファンタジーでしょ。イラクで戦争したり、マイノリティーに暴行を働く人たちと同じ国の人がこのデザイン作ってるなんて信じられない。それがアメリカのすごいところ、そして多様性ではあるんだけど。

でもって、女子にはIRISを激推ししたい。本当に可愛いからね。これ着たら、あなたのかわゆさが3倍増しぐらいなります。ゲレンデマジックみたいなやつ。こんなの着た女子サイクリストとすれ違ったらウインクしちゃうね。

関連記事  data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"  data-matched-content-rows-num="4,3"  data-matched-content-columns-num="1,3"