サイクルモードライド大阪2019で最新ロードバイクに試乗してきた その1

サイクルモードライド大阪2019
大阪の春の風物詩となりつつあるサイクルモードライドで今年も最新ロードバイクにたっぷり試乗してきました。

スケジュールの都合で行けるのが2日目の日曜日だけ。土曜日は好天だったものの、日曜日は雨模様。午前中は天気が持ちそうだったので、降ったら試乗は諦めるつもりで行ったところ、小雨模様ではありましたが、本降りにはならず何とか最後まで持ってくれました。

この微妙な天気が幸い?してか、各メーカーさんのお話によると人出は前日の3分の1程度。いつもは行列をなす人気メーカーもほとんど待ち時間なしで乗れました。これぞ僥倖!この機会を逃してはならぬとお昼ご飯も食べずに黙々と試乗を続け、乗りに乗ったり15台。大満足のサイクルモードとなりました。

では、当日リアルタイムでツイートした内容を補足する形で試乗したバイクを紹介していきます。今回紹介するのはCanyon、Bianchi、Ridley、Bassoです。

では、はじまり、はじまり。




サイクルモードライド大阪2019で試乗した最新ロードバイクたち

Canyon GRAIL CF SL

トップ画のとおり、開場前から並んで一番最初に駆けつけたのはCanyonブース。直販形式のCanyonはショップで試乗ができないので、僕にとってはサイクルモードの目玉なんです。お目当ては2階建てハンドルが特徴的なグレイル。ユニークなスタイルだけど写真で見るより実物は全然カッコいい。そしてとにかく軽い。グラベルと言うよりオールラウンダー的なバイク。初心者にとってCanyonは組み立てやメンテナンスが大変だけど、会場で配っていたチラシには大阪でメンテしてくれるプロショップが紹介されていました。どこも実績のあるショップだから、これで少しは購入のハードルが下がるかな。
大阪のCanyonメンテナンスショップ
ちなみにCaynonでの一番人気は登れるエアロロードAEROADでした。昨年はULTIMATEに乗って衝撃を受けたし、来年はAEROADに乗ってみようかな。ちなみにブースでモビスターとカチューシャのチームモデルが展示されていましたが、モビスターのブルーグラデーションカラーは素晴らしく綺麗。今年Canyon買うならこの色ですね。

Canyon Aeroad Movistar

Bianchi OLTRE XR3

次に買うならグラベルロードとは対極のエアロロードと密かに心に決めている私。湾曲したトップチューブ、振動を吸収するカンターヴェイル、そして、憧れのチェレステカラー。数あるエアロロードの中でもビアンキのオルトレは結構本命でした…そう、「本命でした」。

しかし、試乗してみるとカウンターヴェイルの快適性はどこ?というぐらいのゴリゴリした乗り心地。うーん、ホイールなのかなぁ。グレイルに乗った後ということを差し引いてもレーシーな乗り心地。ちょっとこれでロングライドはしんどいかも。という意外な結果に終わり、首を傾げながらビアンキブースを後にしたのでした。

Ridley NOAH FAST

前のめり気味に湾曲したトップチューブにボリューム感のあるヘッドチューブがいかにもやる気を感じさせてくるリドレーのデザインは大好き。そのリドレーのフルモデルチェンジしたフラッグシップモデルがこちらのNOAH FAST。名前に”FAST”を付けるなんて自信の程が伺えます。

試乗するとリドレーさんの自信が理解できました。とにかく軽く、速く、そして乗り心地が素晴らしい。重量は完成車で7kg後半だったと思います。その軽さが乗り心地にも影響しているのかエアロな形状なのに振動が伝わってこない。踏めばぐんぐん進む。さすがは”Tested on pave"。

代理店のジェイピースポーツの方によれば、山もガンガン登るらしいです。専用設計のエアロハンドルでステムまわりもすっきり。余計なものを削り取ったようなデザインは素晴らしい。フレームセットしかないので初心者には手が出しにくいかも知れませんが、これは欲しいと思わせる1台。

Basso DIAMANTE  

リドレーさんの横のブースをちらっと見たら、大阪は北摂の雄カンザキさんが最近押してるバッソのディアマンテが手持ち無沙汰に試乗ライダーを待っていたので早速試乗してみました。

ヘッドチューブと一体化したステムのデザインはなかなかカッコいいのですが、他の最新エアロロードと比べるとオーソドックスというかクラシカルな感じ。これは最近のアルファロメオにも感じることですが、イタリアンデザインは世界の速すぎるデザイン潮流について行けていない感じがします。

乗ってみた感想はNOAH FASTと比べるとすべての面において物足りない感じ。同じ値段なら、NOAH FASTを選ぶかな。デザインが好きという方以外にはオススメしません。

Ridely FENIX SL

NOAH FASTの乗り心地に味をしめ、勢いでFENIX SLにも試乗。やはり、重さと乗り心地は反比例するのかNOAH FASTほどの感動は覚えず。前のめり感のあるデザインは好きなんだけど、グライペルのゴリラのデザインはそれほど車体にマッチしておらず、もうちょっとシックな方が良いのでは?

普段のロングライドやヒルクライムに使用するにはNOAH FASTは金額的にオーバースペックなので、購入するならこれぐらいのグレードなんだけど、相性的なものなのか期待していた程しっくりこなくてちょっと残念。

でも、NOAH FASTは素晴らしいバイクだし、代理店のジェイピースポーツの方たちもとてもフレンドリーでいろいろ教えてくれたので、リドレーの印象はすごく良くなりました。メーカーや代理店の人から直接お話が聞けるのもサイクルモードライドの良きところですね。


サイクルモードライド大阪2019で試乗したベストバイクは?

サイクルモードライドで試乗した最新ロードバイクをご紹介してきましたが、この時点で僕のお眼鏡に適ったベストバイクは圧倒的大差でRidley NOAH FASTでした。すべての面において高レベルでまとまっており、やる気満々のルックスも好印象。ただ、現実的に購入できるかどうか、僕の使い方にマッチしているかどうかとなると別問題。この後の試乗でNOAH FASTを超えるバイクに出会うことはできるのか?!

さて、次回はKuota、Focus、Pinarelloのバイクに試乗した感想をお届けします。お楽しみに!

サイクルモードライド大阪2019で最新ロードバイクに試乗してきた その2




スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事  data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"  data-matched-content-rows-num="4,3"  data-matched-content-columns-num="1,3"