サイクルモードライド大阪2019で最新ロードバイクに試乗してきた その2

PinarelloGravil+
大阪の春の風物詩となりつつあるサイクルモードライドで今年も最新ロードバイクにたっぷり試乗してきました。

その1ではCanyon、Bianchi、Ridley、Bassoのバイクたちに試乗した模様をお伝えしましたが、今回はKuota、Focus、Pinarelloのバイクに試乗した内容をお伝えします。いつもだったら、Pinarelloのような人気ブランドは待ち時間が長くて敬遠しがちなんですが、今回は悪天候も手伝い、人出が少なくて人気ブランドでもほぼ待ち時間無しで試乗できたんです!ちなみにトップ画のGRAVIL+は展示のみで試乗はありませんでした。来年に期待。

サイクルモードライド大阪2019で最新ロードバイクに試乗してきた その1


ということで、新たな出会いや発見のあった今年のサイクルモードライド。当日のリアルタイムツイートを補足する形で試乗の感想をお伝えします。

では、はじまり、はじまり。



サイクルモードライド大阪2019で試乗した最新ロードバイクたち

Kuota KOUGAR

お目当てのGRAILやNOAH FASTにも無事乗れたので、お箸休めに(代理店さん、ごめんなさい)久々にKuotaのバイクに乗ってみました。大好きなKIRALやKHYDRAがなかったので、ブースの方に勧められるがままにフルモデルチェンジしたKOUGARに試乗。

特に期待はしていなかったのですが、意外や意外、なかなか良い感じ。NOAH FASTほどの軽快さはないものの乗り心地も悪くない。後で調べてみるシートピラーとシートチューブの間にダンパー挟んであるみたいです。

お値段的にもNOAH FASTには手が届かなくてもKOUGARなら手が届くかな。僕みたいなレースに出ないホビーライダーには所有欲も満たされて、性能がそこそこのこのバイクは選択肢としてありかなと思いました。あと標準装備のプロロゴのサドルが気持ちよすぎて思わず写真に撮ってしまいました。Nago EVOというモデル。このサドル欲しい。

Focus IZALCO MAX DISC 9.9

こちらもフルモデルチェンジしたエアロバイク。物凄く軽いです。NOAH FAST以上かも?乗り心地もとても良い。NOAH FASTの時も感じましたが、重量が軽いと衝撃も和らぐような感じがします。エアロロードいうとスピードばかりが重視されて乗り心地は二の次というイメージでしたが、最近のエアロロードはどんどん固定観念を覆していきますね。

乗った瞬間、直感的に素性の良いバイクだということは分かったのですが、途中でDi2の不具合により変速しなって、高速での走行ができず、本来の性能を感じることができませんでした。残念。

デザインもすっきりして気に入ったのですが、お値段を聞くと120万円とか。さすがに手が届かない。

Pinarello DOGMA F10

いつもは大人気のピナレロブースもこの日はガラガラ。ほぼ待ち時間無しで各モデルに試乗できたので、ここぞとばかりに乗り比べ。まずはフラッグシップモデルのDOGMAに試乗。

初ピナレロだったんですが、ピナレロのバイクって見た目は特別な感じがしないのに乗ると特別な感じが味わえますね。なんだろう、この感覚。感じたままに書き記すとまずは乗り心地が素晴らしい。本当に楽。自転車に乗ってると言うよりも地面の上を滑るイスに座っているような感じ。ストレスを感じない。DOGMAに乗ったら、僕でもツールを完走できるんじゃね?という錯覚に陥る(笑)

自転車の反応も機敏。運転しやすい。軽さも半端ない。その上で重厚感というか存在感が凄い。これは人気出ますね。チームスカイはこの機材使えるだけで他を一歩リードしている感じ。ミーハーだと後ろ指さされても乗ってみたい。

Pinarello PRINCE FX

ピナレロ2台目は昨年フルモデルチェンジしたプリンス。見た目はシートチューブにF10って墨入れたら、DOGMAと見間違う程によく似ています。乗った感覚も乗り心地が良く、軽く、軽快。DOGMAと同じく高い次元でバランスが取れている。DOGMAを買わなくてもこちらで十分ですね。

ピナレロの乗り心地の秘密はONDAフォークにあるのでしょうか?セットバックしたシートポストやかなりゴツいヘッドチューブにも秘密がありそうだけど。初心者の僕には分かりませんが、どのグレードにも共通する乗り心地の柔らかさは驚くばかり。

FXではない普通のプリンスの105完成車なら40万円ほど。うーん、微妙というか絶妙な値付け。でも、他のメーカーと比べると強気な価格設定かな。

Pinarello GAN

ピナレロ3台目はGAN。RSではなく、おそらく普通のGANです。この下のRHAZAまでいくと少しデザインが変わってしまうので、ピナレロ買うならGANより上のモデルにしたいところ。ということで、ピナレロを購入する場合の現実的なモデルに乗ってみました。

GANも他の上位モデルと同じく乗り心地は良く、乗っていて非常に楽です。でも、素材やパーツが値段相応なものが使われているからか、上位モデルと比べるとその魅力は下降気味。他メーカーのバイクとの差も縮まっていると感じます。

それでも、同じ価格帯のバイクの中では魅力的であることは間違いなく、僕みたいなホビーライダーにはGANが向いているでしょう。でも、本音を言えばプリンスが欲しいかな。


サイクルモードライド大阪2019で試乗したベストバイクは? 

前回の記事で紹介したバイクと合わせて10台を紹介しましたが、ここまでのベストバイクは前回と同じくRidleyのNOAH FASTですね。IZALCO MAXもDOGMAも素晴らしいバイクなのですが、僕らホビーライダーにとっては高嶺の花。「これに乗ってみたい!」と強く思うのは引き続き、NOAH FASTでした。

次回はサイクルモードライドでの試乗もクライマックスへ。TrekやCannondaleのフラッグシップに試乗します。次回もお楽しみに!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事  data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"  data-matched-content-rows-num="4,3"  data-matched-content-columns-num="1,3"