祝ツール・ド・フランス開幕!Fantasy Tour de Franceでツールを10倍楽しもう

ツール・ド・フランス
1年間、今か今かと待ちに待った7月がやって来ました!そうツールの季節です。毎年恒例の僕的ツール観戦セットの白ワインとムール貝、バゲットも買い揃えなきゃ。



メディアパパ的第105回ツール・ド・フランスの見どころ

今年の僕の個人的な見どころは次の4つ。

  1. サルブタモール問題を乗り越え、フルームは5勝クラブに入会できるのか!?
  2. ディスクブレーキ全面解禁!各チームの選択は!?
  3. 新型エアロロード続々登場!各モデルの実力はいかに!?
  4. ベルナル、モズコン、ラトゥール、ソレル、ゴデュら若手の台頭はあるのか!?
まずはなにわともあれクリス・フルーム。サルブタモールという動物園みたいな名前のクスリで出場を危ぶまれていましたが、なんとか開幕直前にシロ確定。そのフルームは今年のツールで優勝するとツール、ブエルタ、ジロ、ツールとグランツール4連勝、そして5勝クラブ入りを達成します。

個人的には強すぎるチャンピオンよりもアンダードッグが好きなので、アンチフルーム、アンチチームスカイなんだけど、今年のチームスカイは強すぎ、これオールスターだろ!っていうメンバー構成なので、普通に行けばフルームの連覇は堅いかな。このメンバーに対抗できるのは、カズンズが加入したゴールデン・ステートぐらいでしょう。競技違うけど。

次はこれまた開幕直前に飛び込んできたディスクブレーキの全面解禁。普段からディスクブレーキに乗ってる者としては当然の帰結だと思うのですが、各チームの動向に注目です。キッテルは昨年ディスクブレーキで5勝してるし、答えは自ずと出るでしょう。

3つ目は開幕にあわせて各メーカーから続々と発表された新型エアロロード。キャノンデールの新型エアロロードの登場に驚いていたら、そのニュースを打ち消すようにスペシャライズドが新型Vengeを発表。続いてTrekがMADONEのフルモデルチェンジを発表と、新型エアロロードの活躍が楽しみなツールになりました。エアロロードの空力性能って平坦で速いだけでなく、登りでも威力を発揮するんですよね。僕のブログでもエアロロードに関する記事が一番人気なので、良かったら読んでね。

カスタムしなくてもそのままで十分カッコいい10万円台のアルミエアロロード5選


最後は近頃、有望な若手選手の活躍が目立ってきており、そろそろ世代交代の波がやってくるのではないかと期待しています。チームスカイがベルナルをメンバーに加えたことでマイヨ・ブラン争いは熾烈になると予想。上に名前を挙げた総合系やクライマー以外ではフルーネウェーヘンやガビリアなど若手スプリンターにも勢いがありますし、栗村さんが思わず「ヴォクレールとシャバネルの後継者」と絶叫するほど、昨年の大会で見事な独走ステージ優勝を飾ったカルメジャーヌはディレクトエネルジーのリーダーとして参戦。いきなり総合優勝は無理でも若手選手にはツールを掻き回して欲しいな。


メディアパパ的ツールの楽しみ方

みんさんのツールの楽しみ方はどんな感じですか?
僕は冒頭でも書いたように少しでもフランスのエスプリを感じられるようにツール期間中のアルコールは白ワイン、おつまみはチーズやムール貝などを用意します。もう少し暑くなれば、ビールなんでしょうが、この時期は白ワインの方がさっぱりしていて良い感じ。
あっ、白ワインは大人の事情でフランスワインではなく、主にチリ、スペイン産です(笑)そして、僕のツール期間中のルーティーンはこんな感じ。

辻啓さん(@keitsuji)のツイートで現地情報をチェック
J SPORTSの生中継を観戦
翌日午後、J SPORTSの宮本あさかさんのコラムを熟読
自転車情報サイトで諸々情報収集

辻啓さんの現地からのレポートも面白いのですが、ツイートもいい感じです。辻啓さんは大阪在住なんですね。ぜんぜん訛ってないなぁ。不思議。
宮本あさかさんのコラムは流麗な文章で現地の雰囲気やレースの裏側を知ることができるので大好きです。まだチェックされていない方は一度ご覧ください。


ツールを10倍楽しむ方法を発見!?

と、まあ昨年まではこんな感じだったんですが、今年辻啓さんのツイートでTour de France Fantasyなるものを見つけまして早速参戦してみました。

Fantasy Tour de France

Sélectionnez vos cyclistes et défiez vos amis !

Fantasyというのは日本ではあまり浸透していませんが、リーグや大会から自分の好みの選手を選んで、その選手たちの活躍によりポイントが与えられ、総合ポイントを競い合うというゲーム。アメリカでは「Fantasy Sports」という大きなマーケットとなっていて、実際にお金を投資することができます。ここで「お金を賭ける」ではなく「お金を投資する」と書いたのは、Fantasyはギャンブルではないのかという議論がアメリカではあり、今のところは運に賭けるギャンブルとは違い、データを分析して予想するゲームであるという解釈で法律上はギャンブルではないとされています。まあ、こういう解釈だと競馬もギャンブルではなくなりますね。競馬好きのおっちゃんはめっちゃ分析も予想もしてるもんね。実は僕も新規事業で会社に提案したことがあるのですが、ギャンブル要素があるということ却下されちゃいました(涙)

まあ、小難しい話を置いといて、このTour de France Fantasyが楽しい!100ポイントで自分のチームを構成します。リーダーはもちろん1人、クライマーは3人までというような制限があり、全176人の選手の中からああだこうだ考えながら選ぶのですが、これが超楽しい!

みなさん、ツールを見ていて、この選手とこの選手が同じチームなら凄いのになぁとか、この選手は他のチームに行ったらもっと活躍できるのになぁとか(特にチームスカイ)思ったことがあるでしょ?その妄想をFantasyなら叶えることができるんです。ちなみに僕のTEAM MEDIAPAPAはこんな感じ。

Fantasy Tour de France

ポイントが2倍となるリーダーはバルデ。昨年の第20ステージ個人TTで残念な結果に終わった後、矢吹丈のように真っ白な灰になってしまったバルデを見たからには応援せずにはいられません。でも、バルデとバルベルデとポートで悩んだのは内緒。

バルデを支えるサブリーダーにGTことゲラント・トーマス。もう1人のサブリーダーにログリッチェ。2人ともTTが速いので、バルデが不調の時はリーダー交代も見据えています。

山岳アシストはソレル、ベルナル、カルメジャーヌの若手三羽烏。GTとログリッチェもサポートできるので山岳アシストは超強力。

スプリンターはサガンとキッテルで迷ったけど、ポイントの関係でキッテルに。昨年ディスクブレーキで5勝しているので、同じくディスクブレーキ乗り(レベルは全然違うけど)の親近感にも後押しされました。でも、このメンバーではリードアウト役がいないので厳しいかも。

なかなかのメンバーを選んできたので、最後の1人に使えるのは5ポイント。めぼしい選手はみんなクライマーで、既にクライマーは3人いるので選択できず…最終的にはイケメン要員としてベテランのベンナーティを選出。

いやぁ、8人選ぶのに2時間ぐらい掛かりました。でも、もう1チームぐらい作りたいほど楽しい。表示はフランス語(ログイン画面のみ英語選択可)なので、イマイチわかっていませんが、日本からも多くの方が参戦されていますし、友達と一緒にワイワイ言いながらやっても面白いかも。10倍楽しめるかどうかはわからないけど、3倍は確実に楽しめます(笑)


スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事  data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"  data-matched-content-rows-num="4,3"  data-matched-content-columns-num="1,3"