若者のクルマ離れを解く鍵はシトロエン E-メアリにあり?

シトロエンのぶっ飛んだEV

C4カクタスの記事を書いた時にフリーの写真素材を探していたら、すごいクルマを発見した。トップの写真のクルマがそれ。シトロエンのEV「E-メアリ」。


メディアで働くパパの気になるモノコト

てっきりコンセプトモデルだと思っていたら、これ実際に販売されるらしい。価格は日本円で300万円オーバー。しかも、バッテリーパックはレンタルで月額1万円程度。スタイルはすごくポップだけど、誰が買いますか?完全に趣味のクルマ。絶対カクタスの方が実用的。

しかしですよ、奥さん。これがリゾートなんかで1日5,000円程度でレンタルできたらどうですか?愛人とビーチに乗り付けたら最高だと思いませんか?てか、不倫前提かよ。

そもそもこの E-メアリは70年代に発売されていたメアリを現代的な解釈で復活させたクルマ。だから、リゾートが似合うのは当たり前。エマニュエル夫人の映画で出てきたような気がしませんか?


若者のクルマ離れとは?

さとり世代などと言われますが、若者の物欲、所有欲の減衰は何が原因なんでしょうか?「オッサン、そんなの金がないからに決まってんだろ」と罵声を浴びそうな気もしますが、クルマ離れの理由について考えてみました。
  • 免許を取るのが面倒くさい。金がかかる。
  • 免許を取ってもクルマを買うお金がない。
  • クルマを買っても駐車場とか保険とか車検とか維持費がかかる。
  • クルマを維持してても故障とかしてお金がかかる。
  • 街中に住んでればクルマいらない。
他にもいろいろあると思いますが、まあお金にかかわる部分が大半を占めてますね。これからは若者にクルマを所有させようとするのは難しいかも。もちろん自家用車が大切な生活の足となっているところは別ですが。


対策と提案

メーカーの皆さん、それよりもまずはクルマに乗ってもらうことを考えてみませんか?たとえば、免許を取って初めてクルマを購入する人には免許取得費用の一部をキャッシュバックするとか。メーカー個別ではなくて業界団体で取り組んでもいいかも。まあ、どっかの空港が行ったパスポート取得費用のキャッシュバックみたいなもんです。

あとはE-メアリみたいなポップで手軽なクルマをリーズナブルにレンタルしちゃったら、どうですか?もちろん、沖縄みたいな南国リゾートにはピッタリはまるだろうし、都心でも若者が集まる街にレンタルステーションを設置して、天気もいいし、カッコいいオープンカーでみんなでドライブ行こうよ、みたいな。

ファッションに敏感なオシャレな子たちが乗ってるの見たら、あれ何?みたいに気になると思うんですよね。購入はハードル高いけど、乗ってみたら、やっぱクルマって便利だし、みんなでドライブ楽しいよね、ってクルマに対するアレルギー予防になるんじゃないかと。

シトロエンさんなんかがPR目的でやってくれないかなぁ。原宿とか心斎橋あたりで。シトロエンだから1日4,106円(しとおろえん)でレンタルみたいな。EVステーションも日産のを使って、ってルノー陣営だからダメか。シトロエンが一番イメージに合うんだけど。ポップで手軽っていうのが重要です。

他のメーカーも販売も大事ですが、カーシェアのマーケットは今後更に拡大していくと思います。そのマーケット向けに旧世代の僕らからしたらオモチャみたいなポップなクルマを投入してどんどん若者とのギャップを埋めていって欲しいなぁ。

昔はパオとかラシーンとかBe-1とか(全部日産かよ)、面白いクルマたくさんありましたよね。あんな感じで遊び心持ったクルマを作って欲しいです。切に願います。

少子化といえど、彼らの何割かは将来を家庭を持つでしょ?クルマの楽しさ、便利さに触れてたら、その時にやっぱりクルマ欲しいよね、ってなってくれる思うんですよね。

余談

余談に見出しいらねって、ツッコミは置いといて。僕ね、たまにタイムズカーシェア使うんですよ。クルマ持ってるのに。なんで使うかというと気になる車種を時間単位で試乗したりできるから。MINIとかCX-5とかアクアとかいろいろ乗りました。

カーシェアはお手頃ですよ。保険もついてるし、ガソリンも入れなくていいから、レンタカーより断然便利。受付もいらないしね。そこにね若い子との接点あるんじゃない、って思う訳ですよ。メーカーの方、偉そうに言ってすみません。


0 件のコメント :

コメントを投稿